厳選した低温ドライヤーの口コミや評判をランキング形式で徹底比較

髪を低温で乾かすメリット

髪の毛を守りたいなら「低温」が不可欠です。 髪の毛は男性にとっても女性にとっても大切な物です。髪の毛が健康的であることは、顔全体の雰囲気に大きく関係します。女性のきれいなロングヘアはいつの時代にもみんなの憧れですし、男性のフサフサした髪は見た目年齢を大幅に引き下げます。

しかし、自分の髪に自信がなく悩んでいる人も大勢いるのではないでしょうか。「シャンプーを変えてみたけど変化がない」
「トリートメントにはお金をかけてるんだけど髪がパサつく」といった人が多くいます。もしかしたら、問題はドライヤーにあるかもしれません。

「どんなドライヤーだって一緒でしょ。」「目的は髪を乾かす事なんだから乾けばなんだっていいんじゃない?」と思っていませんか?実はドライヤーのかけ方ひとつで髪にツヤを与えしっとりさせ、さらには抜け毛を防ぐことまでできるんです。
今、低温のドライヤーに注目が集まっていますが、「低温」がなぜそれほど注目されているのでしょうか?まず髪の構造が分かると、「低温」のメリットが見えてくると思います。

なぜ、美容師やプロのスタイリストは好んで低温ドライヤーを使うのか?

低温ドライヤーの魅力やメリットは大きく分けると2つあります。それぞれ詳細を説明してきたいと思います。

低温で乾かすメリットとは?

60度以下では髪の毛のタンパク質に与えるダメージがほとんどありません。髪がやけどをしないため健康な状態を維持できます。髪は一度熱変性を起こすともとに戻ることはありません。そのため、いかにして髪を傷めずに洗い、乾かすかが非常に重要なポイントです。

中には「高温で髪をやけどさせてしまう可能性があるんなら、自然乾燥がいいんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。しかしこれは大きな間違いです。確かにやけどからは守ることができますが、ほかの方面から髪をいじめることになります。髪の一番外側はキューティクルという組織です。このキューティクルは髪が塗れている時に開き、乾くと閉じます。そして開いている時が一番ダメージを受けやすい時です。濡らした状態で長時間放置しているとキューティクルは簡単にはがれてしまいます。また、頭皮が長時間湿っていると細菌が繁殖ししまう危険があることも無視できません。細菌が繁殖すると、頭皮が炎症を起こすことがあり抜け毛につながります。それに、においの原因にもなりえます。そのため、シャンプーの後はなるべく短時間のうちに乾燥させる必要があります。

では注目されている低温のドライヤーはこうした問題をどのように解決してくれるのでしょうか?

髪だけでなく頭皮もケア

低温のドライヤーは基本的に60度以下になるように設計されています。ちなみに普通のドライヤーの温度は倍の120度ぐらいです。私たちが美容院で髪を乾かしてもらう場合、美容師はドライヤーを絶えず振ることによって温度を調節しています。熱風が同じところにあたり、髪と頭皮がやけどしてしまわないようにしているのです。しかし私たちが自分で髪を乾燥させたい場合、プロと同じようにドライヤーを振り続けるのは難しいでしょう。しかも髪自身は「熱い」と感じることができないので、知らず知らずのうちに髪を「焼いて」いることも多いようです。この点、低温のドライヤーを使えばテクニックがなくてもこうした熱から髪を守ることができます。

また私たちが失敗してしまいがちなのが「乾かしすぎ」です。半乾きもダメですが乾かし過ぎもダメです。乾かし過ぎた髪はパサパサで広がりやすくツヤがありません。高温のドライヤーをモタモタ使っているとすぐ乾き過ぎ症状がでてきます。また、フケやかゆみもこうした乾燥し過ぎの状態から引き起こされる可能性が高いと言えるでしょう。頭皮はもともと顔などの皮膚に比べて水分の含有量が少ないです。また「頭皮の保湿」も簡単ではありません。それで、髪の根元を乾かしつつ頭皮が過度に乾燥しないようにするには低温のドライヤーがたいへん便利です。

でも、低温だとなかなか乾かないのではないか?との心配があるかもしれませんが、低温のドライヤーは風量が多く、風が広い面積にあたるように設計されているので、普通のドライヤーで乾かした時との時間の差はありません。それで、普通のドライヤーの「low」とはまた別物です。普通のドライヤーを低温設定にして使うと、気が遠くなるほどの時間がかかり乾くころには疲れ果ててしまいます。そのため、その間に髪の毛が擦れやすくキューティクルがはがれてしまいます。これではせっかく低温にした意味がなくなってしまいます。低温のドライヤーは風量がしっかりしているので髪へのストレスも人へのストレスもありません。

そして、頭皮へかかる負担の減少も見逃せない部分です。熱すぎる温度で頭皮に負担をかけすぎると抜け毛や薄毛の原因になります。極端な話、やけどした所から体毛が生えてきにくいのと同じです。おしゃれに気を配り、髪の毛を毎日ドライヤーでセットしている人は特に要注意です。同じ個所に熱風が当たり続けることになり、髪の毛だけでなく頭皮にも相当なダメージがかかることになるからです。低温のドライヤーはもともとの温度が低いので、これらのダメージを最小限に抑えることができます。その結果として、いつまでも健康な頭皮をキープでき、健康な頭皮からは健康な髪の毛が生えてきます。

管理人のコメント

これまでに髪とタンパク質の特徴という角度から、低温のドライヤーのメリットを見てきました。髪の毛は私たちの気分を変えるだけでなく、性格にも影響すると言われます。そして一生物です。

なるべく大切にしたいものです。身近なドライヤーが髪に大きな影響を与えるのであれば、ドライヤー選びは慎重にしていきたいですね。

管理人イチオシの低温ドライヤーはこちら

ヒートケア60低温ドライヤーの購入

低温ドライヤーランキング
ヒートケア60低温ドライヤー
トップヘアモデル「淵江真由美さん」が愛用のドライヤー
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル
特許技術「バイオプログラミング」採用した髪を美しく蘇らせるドライヤー
カオルー ゴールドドライヤー
トップヘアサロンAFLOATの代表 宮本浩気が監修したドライヤー
グローブトロッターヘアードライヤー TUFT 8000
海外で様々なサロンの賞を受賞している一流ブランド「アレティ」のドライヤー