厳選した低温ドライヤーの口コミや評判をランキング形式で徹底比較

そもそも低温ドライヤーとは?どんなドライヤー?

端的に一言で表現すると「低温で髪を乾かせばツヤも潤いも思い通りで、しかもしっかり髪が乾く魔法の様なドライヤー」です。
もう少し細かく説明をすると、低温ドライヤーは別名トリートメントドライヤーとも言いますが、美容師やプロスタイリストが仕事現場でも使用する少し特殊なドライヤーです。普段家庭用に販売されているドライヤーの熱風は約100℃~130℃の熱で髪を乾かす仕組みになっています。これは、一般のドライヤーは髪にとっての良しあしよりでは無く、火傷しない程度の高温で髪を乾かす時間を短かくした結果、この高い温度に設定がされています。これは髪にとって良い悪いは別の話として、ドライヤーの本来の髪を乾かすことのみを目的とし、それを追求した姿といえます。

しかし、残念ながらこの高温で短時間で髪を乾かす仕組みは、髪にとって大きなダメージを与えています。髪の成分はタンパク質から構成されており、このタンパク質は120℃前後の熱で変性(性質が変化)してしまい、元に戻ることは一生ありません。熱湯などで腕や指を火傷をすると肌が元通りにならない現象が、正にこの変性という現象です。

実は一般販売されているドライヤーには、多かれ少なかれ髪に火傷が起こっています。これは誰もが一度はある経験ですが、朝急いで高熱で髪を乾かすと、変な匂いがして、髪がパリパリ、チリチリになってしまったことが1回はあると思いますが、一般のドライヤーだと多かれ少なかれ、髪を乾かす行為自体が髪にダメージを与えています。

そう考えると、髪を本当に大事にケアしたい女性であれば一般のドライヤーなんてあまり使いたくないですよね?

その為、髪本来のことを考えて開発されたドライヤーが「低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)」です。温度は50℃前後と市販のドライヤーの約半分。髪の水分を必要以上に失う事無く、熱と風を均一に分散しながらスピード乾燥できます。この髪の毛が生まれ変わる体験をこの低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)を通して体験してみてください。

朝起きると今までに無い髪の艶と潤いがあなたを待っています。

低温ドライヤーの具体的な効果とは

具体的に低温ドライヤーを使うことで期待出来る効果を説明していきたいと思います。

不器用な人でもプロの仕上がりが期待できる

ただ乾かすだけで、髪が広がらずしっかりとまとまりやすい髪になります。

低温なのに髪の乾燥がはやい

低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)は60度前後の温風を広げることで、髪に当たる面積が大きくなり、乾きやすくなるように設計されています。

まとまりやすく、ヘアスタイルが整いやすい

高温ドライヤーだと髪の水分がほぼ逃げてしまいますが、低温ドライヤーなら髪に適度な水分が保たれているためヘアスタイルがまとまりやすく、キューティクルが保護されているので光沢のある髪になります。

マイナスイオンで髪をケアする

マイナスイオンが放出される効果もあるため、髪の艶や潤いもしっかりキープしてキューティクルをケアする効果が期待できます。

湿気が多い日でも綺麗な仕上がり

高温ドライヤーを使用するとキューティクルが傷み、髪が火傷していしまうので、髪の表面は傷だらけです。低温ドライヤーならキューティクルを保護しながら髪を乾かし、熱によるダメージがありません。髪の水分をキープしているので、髪が湿気で広がったり、ゴワゴワになる心配がなくなります。

失敗しない賢い低温ドライヤーの選び方

早速低温ドライヤーの選び方を紹介していきます。ただの低温の温風が出るドライヤーだけを選んでも失敗の元。色々と低温ドライヤーを実体験した管理人がチェックすべき比較ポイントを紹介していきます。

低温でも髪はしっかり乾く?

髪の潤いや艶を守るのも大事ですが、やっぱりドライヤーの本分は髪をしっかり乾かすことです。風量や風の送り方(送風方法)が各メーカーどのような仕様になっているかしっかりとチェックしましょう。

低温ドライヤーというと、昔は海外のメーカーの物が主流でしたが、最近では国内メーカーも「低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)」に注目し、各種取り揃えているので色々な選択肢が出てきました。あなたの髪質に合うベストな低温ドライヤーを見つけて下さい。

消費電力もしっかりチェック

低温の温度や性能ももちろんのことですが、毎日使うものなので、消費電力もしっかり比較しましょう。今の大風量のドライヤーは1500Wですが、例えばこのサイトでもお勧めしているヒートケア60低温ドライヤーは1200Wの電力で利用することが出来ます。

なお、1KWあたり18.89円で一般的な1500Wの大風量ドライヤーを1日10分使用したとすると、1年間で1,700円です。髪美人の低温トリートメントドライヤーは低温でしっかりと乾かしながらも、1年間で1,356円とざっくり400円程度お得です。なお、ミニマムな使用量のケースで考えた場合の金額ですので、微々たるものと思うかもしれませんが、髪が長くなればなるほどドライの時間も短くなりますし、ドライヤーも数年間使うものですので、チリも積もれば山となります。毎日使うものなので、しっかりと消費電力も比較して選びましょう。
人気低温ドライヤーランキング決定版
ヒートケア60低温ドライヤー
【満足度97%】トップヘアモデル御用達!全額返金保障の低温ドライヤー
日本で本格的に一般ユーザー向けに販売された低温タイプのドライヤーです。一般的あまり流通することの無かった低温ドライヤーが手軽に手に入れることが出来るようになり、今までにない保湿効果、髪の艶、そしてまとまりがドライヤーで美容室並みのケアが出来ることから、髪に悩みを抱える女性を中心に一気に認知度が高まりました。
商品名
ヒートケア60低温ドライヤー
販売メーカー
株式会社 髪美人育成プロジェクト
価格(税抜)
24,800円
返金保障
全額返金保障有り
温風温度
60℃
温度レンジ
4段階
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル
使えば使う程キレイな髪に。特許技術「バイオプログラミング」採用
リュミエリーナが特許技術を取得した「バイオプログラミング」を採用した画期的なドライヤーです。ドライヤーの熱で「髪が痛む」「パサつく」「艶がなくなる」といった問題を解決し、使えば使うほど髪が持つ本来の「艶」「潤い」「コシ」「ハリ」「しなやかさ」を取り戻すドライヤーです。バイオプログラミングされた特殊セラミックスで新次元のドライヤー体験が楽しめます。
商品名
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル「HBE2D-P」
販売メーカー
株式会社フォーサイス
価格(税込)
35,640円
返金保障
無し
温風温度
20℃~140℃
温度レンジ
3段階
カオルー ゴールドドライヤー
サロン仕様で機能も充実&見た目も豪華で可愛い
東京(青山・表参道・銀座)、名古屋(栄通り)から流行を発信し続ける美容室AFLOAT(アフロート)の代表である宮本浩気が監修したカオルー ゴールドドライヤー。ドライヤー内部に注入されたトルマリンと、300万/cm3のマイナスイオンが、ドライヤーの風に運ばれ髪をケアしツヤや保湿を保つことがが出来、ドライヤーのデザインだけでなくその機能や品質にも徹底的にこだわった商品です。
商品名
カオルー ゴールドドライヤー
販売メーカー
アフロート AFLOAT
価格(税込)
13,165円
返金保障
無し
温風温度
約125℃
温度レンジ
3段階
グローブトロッターヘアードライヤー TUFT 8000
VOCEやBEGINなど有名雑誌で話題のアレティのドライヤー
シンガポールを拠点に30年以上にわたりヘアサロンで使用するプロ仕様の理美容機器の開発・生産を開始し、London Best Professional Hair Dryer Award 2010を受賞そして、Singapore Harper's BAZZAR Hair Dryer Award 2011を受賞するなど、美容機器メーカーとして世界で注目されているメーカーから満を持して販売されたのがグローブトロッターヘアードライヤー TUFT 8000です。

低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)はこんな人におススメ

低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)は、低い温度の温風で髪を乾かすドライヤーです。高温ドライヤーでは髪が火傷して傷んでしまうものですが、低温ドライヤーは髪に与えるダメージが弱く、髪がサラサラに仕上がります。湿気の多い雨の日でも広がらないと大人気!低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)とは一体どういう人に向いている商品なのでしょう?ここではこんな人に低温ドライヤーがおススメ!という事例を挙げながら、一つ一つ解説していきたいと思います。

髪の毛が細い人におススメ

髪の毛が細く、高温のドライヤーだと髪が火傷してしまう人には、優しい温風が髪をいたわりながら乾かしてくれます。細い髪の毛には高温の熱は禁物。髪が熱でチリチリになってしまったり、切れやすくなってしまいます。一度火傷をして傷んでしまった髪は修復が困難で、どんなに高価なシャンプーやコンディショナーを使ったとしても、髪が火傷する状態を続けていたらイタチごっこになるどころか、傷んでいく一方です。ドライヤーで髪を乾かしている時は分かりにくいのですが、乾いた髪に触れてみるとビックリすることでしょう。しっとりとして、かつ、サラサラな触り心地は体験した人でなければ分かりません。翌朝にもその効果は続き、それまでパサパサだった髪は艶々になっていきます。マイナスイオンドライヤーも効果があった商品ですが、低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)はそれ以上に口コミが殺到しています。また、最近では、低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)もマイナスイオンが放出されます。

髪の水分が少なくて髪がパサつきやすい人におススメ


低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)を使用すると、翌朝も艶々な髪が持続しています。個人差はあるのでしょうが、まとまりやすく、しっとりしなやかな髪になるのです。熱がダメージを与えるのなら、ドライヤーを使用しなければいいと思う方もいらっしゃるでしょう。ですが、洗った髪をそのままの状態にしておくと、髪はヨレヨレのパサパサになっていき、結局は艶を失ってしまいます。綺麗な髪を維持するためには、ドライヤーで乾かしておきたいものです。ですが、ドライヤーで乾かしても熱で傷めてしまったら台無し。髪にダメージを与えてしまったらいけないですね。

頭皮が乾燥してかゆくなる人におススメ


頭皮が痒くなるのは、熱風で頭皮が必要以上に乾燥してしまうからです。低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)では、そのような高熱の熱風で頭皮を刺激しません。自然な温度で乾かす事ができるので、乾燥による痒みは発生しにくくなります。低温ドライヤー(トリートメントドライヤー)の風量は、ユーザーのアンケートをもとに設定されています。ですので、一般的なドライヤーに比べれて少し強めになっています。そのため、温度は低温であっても髪を乾かす時間はあまり変わらないようです。そのおかげで、頭皮にかかるストレスは軽減され、ドライヤーによる乾燥で痒くなる心配がありません。
低温ドライヤーランキング
ヒートケア60低温ドライヤー
トップヘアモデル「淵江真由美さん」が愛用のドライヤー
リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナル
特許技術「バイオプログラミング」採用した髪を美しく蘇らせるドライヤー
カオルー ゴールドドライヤー
トップヘアサロンAFLOATの代表 宮本浩気が監修したドライヤー
グローブトロッターヘアードライヤー TUFT 8000
海外で様々なサロンの賞を受賞している一流ブランド「アレティ」のドライヤー